Q.ほかのママが、泣いている子どもを怒ったり、お菓子などで気を引いたりしているのが気になります。そのようなことをせずに子どもを泣きやませるには、どうすればいいのでしょうか?   (3歳児のママ)
A.抱き寄せ、やさしく包み込んで泣き出した原因を取り除きましょう

子どもが泣く理由を考えてみましょう。熱い、寒い、痛い、おなかがすいた、退屈、わがまま、そして不安。親はたいていの原因はわかるのですが、「不安」というのが難しいのです。場所、人、モノ、時間など、大人が予期しないことで子どもは不安になります。
泣きやませるためにお菓子を与えるのは、親のごまかし。ごまかしはその場限りですから、時間がたつと、また同じことをくり返してしまいます。子どもが泣いたときは、まず抱き寄せて包み込んであげてください。抱いたまま場所を移動することも大切です。そして、泣きだすきっかけは何なのかをよく考え、思い当たれば言葉を尽くして説明してあげてください。子どもの感性はとてもデリケートなので、「そんなことぐらいで泣くなんて」と簡単に片付けてはいけません。大人の思い込みと鈍感さが、子どもに「不安」を生みだす一番の原因になるということを、覚えておきましょう。

7